京輪蓮」カテゴリーアーカイブ

10年前ヨガインストラクターになったころの意気込み写真がウケる件

ヨガインストラクターになり、かれこれ10年。

介護福祉士の最前線から、

謎に秘書に抜擢され、

そこで疲れ果て、

現場の相談員になるも、認知症で暴力を振るう男性の対応が辛すぎて徐々に心を病んで退職したことから

休職中に目覚めたヨガ!

テレビのプログラムを1日30分×朝夕2回やり続け

数ヶ月後にはヨガインストラクターになるための

RYT200という全米ヨガアライアンス認定スクールに通いました。

全米とか書いてあるけど、実際は京都で取ってる(笑)

こういう名前の資格なんでアメリカで取ってると思いきや、RYT200を取っている日本のヨガインストラクターのほとんどは日本で取ってるはずです。

たまにハワイとかインドネシアとか、短期滞在で取ってくる金持ちもいるけど、子育てとかある人がほとんどだから、通学が私には良かったです。

とまぁ、半年通って取った頃は、

心身ともにだいぶ回復し、新しい人生を送ろうとエネルギーに満ち溢れていた(?)はずです。

そんな32歳か33歳の頃、

「宣材写真が要るんじゃなかろうか!?」

と思い、当時から大好きだった韓国へ写真を撮りに行ったのです。

昔は今みたいにスマホで撮って簡単に加工するとかいう時代じゃないし、写真撮影をプロに頼むとすごく高いので、韓国の方が編集も綺麗にしてくれるし、ということで行った記憶があります。

そしてその当時の写真がこちら。

 

 

 

 

 

完全に蝋人形!!!

トゥルンとしてる。。。

でも当時は喜んで、スタジオのプロフィール写真も、チラシの写真もこれ使ってたような記憶アリ(^◇^;)

なんちゅう色の衣装着てんねん!

と当時も自分で思ってたけど、宣材写真は派手な方が良いと思ったみたいで。しかも海外サイトの衣装だったし、もっとシックな色だったはずなのに届いたらこれだった。。。

デザインは好きだったけど1回着ただけだったな。

 

そして10年経った今。
ほぼすっぴんだけど、自分らしく年季が入ったな♬

さぁ、これからはまた新しい世界へ。

 

京輪蓮のクリエイターとしても

10年後、今の私を笑うかな。褒められるようにしないと♬

そんな現在の意気込み動画はこちら。

https://youtu.be/LdUD9Czmsjc

 

京輪蓮モデルは200万人フォロワーTikTokerランRAN!!!

京輪蓮®販売サイトのモデルが

なんと なんと なんと!!!

TikTok200万人フォロワーの 

「ランRAN」ちゃん!!!

マジ可愛い♡♡♡

実は一番の親友です♪

もう10年くらいの付き合いになるかなぁ。

歳はだいぶ下なんだけど、精神年齢は私よりだいぶ上(笑)

心のお姉さんなのです。

そんなランRANにモデルをお願いしたサイトはこちら♡

https://handystyle.theshop.jp/

アイマスク姿のランRAN最高でしょ!!!

なのに現在完売中ばかりですみません。

商品ページで「再入荷通知を希望する」ボタンを押してもらうと、入荷した際通知が行きます。

1月中には製造予定です。

このアイマスク、丹後シルクサテンを4重に重ねてあります。

普通は2重の生地の間にウレタンとか科学的なものが入ってるのですが、あえて入れずにデザインしました。

そして、なにが他と違うかって、バンド部分が レース!!!

締め付けが苦しいゴムバンドと比べると、心地よいサイズに調整できるので、寝ぐせもつかず快適。

しかもこのレース、京都のレース屋さんで仕入れる国産で、とっても肌触りの良いふわふわレースなんです(o^―^o)ニコ

写真のようにレースリボンを横に結べば、仰向けで寝ても邪魔にならず、しかもかわゆい♡

飛行機に乗るときもぜひご愛用ください。

目に触れる部分はすべて丹後シルクサテンの29匁!最高級生地です!

お肌も目の周りの乾燥も防ぐことができ、周りの光を程よく遮断してくれるので、

実はヨガの座禅や陰ヨガ、シャバ―サナにも最適です。

色は2種類で

ランRANが付け入るのは「蓮」ホワイトカラーです。

ランRANと、もう一人、滋賀の超有名ピラティスインストラクターAKANEさんとの様子も、こちらのブログでUPしますね。

二人にはもちろんYouTubeにも出てもらいました。

その様子はこちらから。

 

 

西陣織の内職おめぐ、祖母の苦労を労い中。

12月29日に沖縄から帰って、そこから外出せずに今日で5日目。

完全に引きこもりおめぐです。

京都の朝晩は1℃とか2℃とか寒いし、

コロナも一回もかからずここまで来たし、

外に出たらお金もかかるし、

家で掃除や仕事も山積みだし、

こうなったらずっと家にいてやる!

と逆ギレ(?)して家にい続けております。。。

 

ところで、

東京に送る西陣織(京マットシリーズの縫製依頼の生地)を、秋に発注したのですが、大失敗をやらかしました。

当時動画の撮影やらいろんな仕事をこなしきれずドタバタの毎日の中で

西陣織の生地を依頼したのです。

必要に応じて不織布を裏に貼ってもらってカットを依頼する作業があるのですが、

不織布貼りを完全にすっ飛ばしてカットして東京へ送ってしまったのであります。。。

当然「裏がついてないので、これでは無理です」とのことで、送り返してもらったのですが、カットした状態で不織布を貼るのは業者では無理なのです。手間がかかりすぎるから。。。

もう、私がやるしかないのです。そもそも私しかいないのですから(笑)

 

格闘すること5時間。。。

40mの西陣織と戦いながら、切ったりアイロンかけたりを繰り返し

業者さんの有り難みを痛感した1日でした。

あと残り半分あるねんな〜。。。

ということは明日も5時間。

リアル内職状態。

 

そこでふと思い出したのです!

私の祖母は着物の絞り職人でした。

シルクの着物生地に糸をくるくるとキツく巻いていく仕事。

巻いたところだけ染めを入れても染まらないので立体的な柄ができる日本の伝統技術。

今では絞り職人がほとんどいないそうで、なくなっていきつつある伝統のひとつです。

おばあちゃんの大変さも身に染みた1日でした。

そんなおばあちゃんは昭和元年生まれ。生きてたら97歳だって。

このおばあちゃんは大変な苦労人で、結婚した田舎先で旦那と後妻にはいる女に追い出されるという波乱万丈な人でした。身一つで追い出されたおばあちゃんは、小さな家を借りて生涯ひとりで生き抜きました。

ドラマできそうやな。。。

そんな強さに比べたら、私はまだへなちょこであります。

強い女でいたいとずっと思って生きてきたけど、

甘えられる女でもありたいと、歳を重ねて思うようになった今日この頃です。

アイロン手伝ってー(笑)

京輪蓮®︎動画第2弾がついに完成!

明けましておめでとうございます!

令和5年の幕開けです!!!

株式会社ハンディスタイルがプロデュースしている京輪蓮®︎の最新プロモーション動画が完成しました。

https://youtu.be/LdUD9Czmsjc

商品ラインナップを動画で説明しております。

今年は展示会などでもこの動画を使うことが多くなります。

2月は東京ビッグサイト、3月は京都のみやこめっせにて、出展させていただきます。

1月中にホームページは完全リニューアルし、販売サイトを強化しますよ。

ホテル様や企業様向けのサービスが主ですが、小売販売もできるように進めます。

 

今年も株式会社ハンディスタイル、京輪蓮®をよろしくお願いいたします。

 

そして皆様にとっても、健康で穏やかな一年になりますようにお祈り申し上げます。

 

株式会社ハンディスタイル

代表取締役

大谷めぐみ

ふるさと納税返礼品の京輪蓮おりんセット、発送完了しました!

京都市のふるさと納税返礼品になっている京輪蓮®︎おりんセット「るりいろ」

急いで制作していただいたガラスのおりん台も昨日届き、現在ご注文いただいた商品は本日梱包、発送いたしました!

御礼状も私MEgU自ら心を込めて手書きで書いております。

数ある商品の中から、京輪蓮®︎を選んでくださり、本当に感謝しております!

お正月には皆様のもとへ届くといいのですが、あとはクロネコヤマト様次第(≧∀≦)年末ですからね。。。

楽しみにお待ちください。

今年のふるさと納税は12月31日まで。まだ間に合いますので、ご興味のある方は、是非各ふるさと納税サイトで「京輪蓮」と検索ください。

さとふる

https://www.satofull.jp/products/detail.php?product_id=3126538

ふるさとチョイス

https://www.furusato-tax.jp/product/detail/26100/5545923

おりんの音色はYouTubeにUPしております。

https://youtu.be/eQURB9YuTPQ

上質なおりんは、音色が全然違います。

亡き人を思い、美しい音を奏でて思いを届けるのもおりんの役割です。

もちろん仏具としてだけではなく、ヒーリング、瞑想、ヨガなど、様々な用途にお使いください。

唯一無二のガラスのおりん台を朝日に当てて、心地よい目覚めの音を鳴らすのが私のお気に入りです!

京輪蓮のおりんを、心地よく生きるための一部にしていただけることを願っております。

#おりん
#りん
#ハンディスタイル
#京輪蓮
#ふるさと納税
#ふるさと納税返礼品
#京都
#京都旅行
#伝統
#伝統工芸
#伝統文化
#伝統産業